8月公演。

0
    「私を殺して...」

    8月の公演では、くげっち、直樹さん、ふうちゃん、るなちゃんとご一緒させてもらいました。


    そして、まおちゃんとペアでピアノ&歌を。

    8月もマドンナを生きることができて、とても幸せでした。。

    10月公演まで、寂しいですがひとまずマドンナとはお別れ。
    9月は韓国公演の演目「ゴーストよ、こんにちわ」の真理子を生きます。

    真理子。。。!?
    ぐ、偶然です。。きっと。

    愛し方。

    0

      「私を殺して...」

      本日、13時からのマチネ公演へ出演いたしました。


      舞台の上で起きる出来事に敏感に生きる日々。

      とても幸せな時間です。

      もっと舞台に立って、様々な時間、想いを感じたい。

      何が出来る訳でもないのですが、欲求ばかりが大きくなります。


      7月は細見さんの男。8月はくげっちの男。

      どちらも違った生き様があり、マドンナとして最上級の想いを抱いて生きています。

      人も変わるのだから、ひとつの生き方だけあるわけではないですよね。


      ブログ掲載用に稽古風景のお写真がたくさんあるのですが、ネタバレ等があるそうで

      公演が終わった後にアップしてゆきたいと思います。


      なので、プライベート写真などを。

      image3.jpg

      これは前説の時かな。


      image5.jpgimage4.jpg

      大好きなまゆちゃんと。

      私が「どんなポーズだと可愛い?」

      と聞いた後の(写真上)。。。決めポーズ(笑)(写真下)

      年は離れていますが、頼れる仲間です。

      まゆちゃんの考え方や、考察が大好き。


      image2.jpg

      そして、まなつん、まゆちゃんとの3人ショット。

      東京ハイビームのショートガンセカンドショットで出会ったみんな。

      近江は、勝手に大好きです。


      さて、題名のお話し。

      今日のソワレでは、今までは楽屋からうっすらと聴こえる歌声だけでしか感じられませんでしたが

      国吉さんの生歌をちゃんと客席で聴くことができました。

      「お別れのうた」

      歌を歌う前のお話しの段階から素敵で、イントロに入った途端

      泣きそうになりました。いや、正直泣きました。。

      Andareさんの楽曲とは、恥ずかしながら昨年11月に公演された東京ハイビームの

      “SHORT GUN SECOND SHOT”で使用されていた挿入歌で知りました。

      ショートストーリーのオムニバス作品の中で、私も出演させてもらった「ゴーストよ、こんにちわ」

      という作品のエンディングテーマだった「HANAKOTOBA」という曲。

      残された人へ宛てたラブレターのような曲というイメージでした。

      国吉さんの歌詞は、私は個人的にとても共感しており、大好きです。

      “あなたが幸せであればそれでいい”

      そんな想いが溢れている気がするから。


      今のご時世、もしかしたら明日、愛する人と突然の別れがおとずれるかもしれない。

      そんな時にも後悔しない生き方と、愛し方をしたいと常日頃から心掛けています。

      そして、自分ではなく、自分の愛するすべての人が幸せであること。

      綺麗ごとかもしれないけれど、私は真剣にそう願って生きています。


      国吉さんの歌詞や歌声は、優しさと強さに溢れていて

      その歌に抱きしめられているような感覚。

      そっとハートに包帯を巻かれている気がして、ただただ、涙が溢れました。


      人は時に、愛し方で人を傷つけたり、傷つけられたり。。。

      思わぬ争いが起きたりしてしまうかもしれないけれど

      そこからまた学んだり、何かを求め見つけたりしながらも
      やっぱり人を愛していたいし、想っていたいのかなぁ。


      そんなことを思った日でした。

      今日出会えた全ての方に感謝と、幸運を。


      13年目へ。

      0

        2005年7月27日にシングル「ウタカタ」が発売されてから12年が経ちました。

         

        自分の12年後など、想像もできなかった私。

        いつまで経っても先輩のような振る舞いはできないし、気を遣うのも下手なままですが...

        自分の周りにいらっしゃる方や、出会う方達の中にも、年齢など関係なく

        とてつもなく素晴らしい大人がたくさんいて、そんな方に出会うたび

        「このような大人でありたい」と勉強させてもらっている日々でございます。

         

        今は、もしかしたら人生で一番幸せかもしれません。

         

        毎日芝居や歌のことで、もがき苦しみ、考え続けていられる。

        もちろん悔しいし、越えたい壁がたくさんあるし、絶対に逃げたくはない。

        挑み続けていたい。

        追求し続けていたい。

        そんな思いでいられることが、私にとってとても幸せなことなのだと思います。

         

        一年後も、何十年後にも、死ぬ瞬間までそう思える時間を過ごしたいですね。

         

        12年前くらいの近江。



        profile

        書いた記事数:367
        最後に更新した日:2017/08/30
        TweetsWind

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        Tomoe Ohmi

        バナーを作成

        selected entries

        archives

        recommend

        miru 「the one」
        miru 「the one」 (JUGEMレビュー »)
        miru,ミルノ純,酒井陽一

        recommend

        recommend

        recommend

        links

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM