MY SWEET BABYとMY SWEET FAMILY.

0

    改めて、「MY SWEET BABY」の思い出など。


    今回自分は、とある理由で子宮を失くし、それでも愛する人に子供を持たせてあげたいと
    代理母出産という道を選択し、なんとしても出産まで成功させようと奮闘する夫婦の妻(百合子)の役でした。

    百合子は、とても真っ直ぐで純粋で、そして旦那様が世界で一番大好きで。
    彼を幸せにする為なら、どんな苦難もいとわない、とても愛情深く可愛らしい人。
    それが、本を読んだ時の彼女の第一印象でした。

    「百合子を演じたい」

    本読みの時に、強くそう願ったのを今でも覚えています。

    何故そう思ったのか...
    それは、一瞬で彼女のことを好きになったからだと思います。
    本読みから、立ち稽古、通し稽古...と進めば進むほど、百合子のことが愛おしくて仕方ありませんでした。

    彼女はいつも周りのことを考えているから、自分のことは二の次なんです。
    だから、自分が傷ついていたことになかなか気づけず、結果相手を追い詰めてしまい、そんな不甲斐ない自分も責めてしまう。
    きっと親友の岬がいなかったら、もっと辛かっただろうな。。。
    岬役の、やえちゃん、どうめんちゃんにはそれぞれにかなり甘えてましたね(笑)

    私は百合子のような生き方をしてこなかったから、彼女の言葉や行動ひとつひとつが大きな愛に溢れていて...
    彼女の言葉に背中を押されることが何度もありました。

    どうか、その後のFAMIRYが幸せでありますように。

    自分で「やりたい!」と思いながら、その大変さも実感して、今回も本当にたくさん学ばせてもらった「MY SWEET BABY」。。。

    ユキちゃんシスコさんや、共演者の皆様には本当に本当に助けられましたし、感謝の気持ちしかありません。

    そして、吉村ゆうさん、登紀子さん、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!!


    こんな素敵な作品に関わることができて、本っっ当ーーに幸せな時間でした!

    また追記しますね☆

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    profile

    書いた記事数:367
    最後に更新した日:2017/08/30
    TweetsWind

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Tomoe Ohmi

    バナーを作成

    selected entries

    archives

    recommend

    miru 「the one」
    miru 「the one」 (JUGEMレビュー »)
    miru,ミルノ純,酒井陽一

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM